生命の源「酵素」のはたらき|GRB&HMagazine

グランレーヌ ビューティー&ヘルス マガジン -不定期便-


Beauty & Health  Magazine

 

MAY.2017

Vol.2

 

 

生命の源「酵素」のはたらき

 私たちの身体には約100億兆個の細胞があります。その細胞が元気に働くことで、呼吸をしたり、栄養を消化吸収・排泄し、筋肉を使って自在に運動したり心臓や各臓器・器官を動かし生命を維持しています。
そして、その細胞が働くようにコントロールしているのが身体の中にある酵素です。どんなにたくさんの空気を吸ったり、栄養を摂ったとしても、酵素が無ければ私たちは動くことも生きていくこともできないのです。

 

体内で生成される酵素

 「酵素」と聞くと多くの方は酵素ドリンク(清涼飲料水)を想像するのではないでしょか?酵素ダイエットブームで間違った解釈がされることもしばしばありますが、酵素ドリンクを飲んだからと言って体内の酵素が増えることはありません。そもそも、私たちの身体は自分で酵素を作ることができます。体内で作られる酵素を「体内酵素」と呼び、そのなかで酵素の持つ役割によって「代謝酵素」と「消化酵素」に分けることができます。

 消化酵素は、体内の消化器官で口から摂取した栄養を適切に消化分解し、吸収しやすい状態にして体内へ摂りこむ役割があります。代謝酵素は、生命維持に欠かせない酵素で呼吸・運動・新陳代謝・免疫活動・思考・ケガや病気、細胞の修復など人間が健康に過ごせるように体(生命)を維持するために働きます。この消化酵素・代謝酵素が十分にあり健康体をキープできるのが最善ですが、これら体内酵素が一生のうちに作られる量には決まりがあり、また一日に生成できる酵素の量も限られていると言われています。

すなわち、身体の中で酵素が作られなくなったとき、それが人間の寿命とも言えます。

 

若さと免疫力の要、代謝酵素

 免疫力や治癒力の維持や、細胞の修復、神経・ホルモンのバランス調整、エネルギー産生や代謝促進などあらゆる生命活動に関わっている代謝酵素。代謝酵素が活発に働いているからこそ私たちは、肌や髪が艶めき、エネルギーに満ち溢れ、快活な思考とともに若々しく健康に生活することができます。
もしこの代謝酵素が不足すると、ミトコンドリアがエネルギーを作り出せなくなり、体温が下がり、新しい細胞も作られることなく、器官や組織に障害がおこり、やがて癌や心臓病などの重大な疾患を引き起こします。
人間が一生のうちに作り出せる酵素の量は限られており、酵素の量は年齢とともに減っていきます。40代からは著しく減少しさらに60代でどんと低下します。

 目に見えて酵素が減少したと実感できることの一つに、「白髪」があります。髪の毛の黒色は、チロシナーゼという酸化酵素が働き黒いメラニン色素を作っています。栄養が足りず、元気な酵素が減少し働きが鈍った時に白髪になるメカニズムです。もちろん体内にはチロシナーゼ酸化酵素以外にも無数の酵素があります。目には見えませんが体内でも白髪現象と同じように、あちらこちらで酵素が不足しているはずです。

代謝酵素が減少すると起こる症状

 代謝酵素が不足すると身体には様々な不調がでてきます。何だか体の調子がいまいち、元気が出ない、肩のこりや腰痛を感じる、関節やひざの痛みを感じる、朝起きても疲れている・・・そんな症状が出ている場合には、慢性的な酵素不足に陥っているかもしれません。病気とは診断しがたい不定愁訴や、ホルモンバランスの崩れ(PMSや更年期障害)、冷え、シミ・シワの増加、減耗・白髪の増加、不眠、やる気の低下なども酵素が足りないと起きやすい症状の一例です。

代謝酵素を減らさないために

 老化と深く結びつく代謝酵素をできるだけ減らすことなく健康的な身体でいるためには、「代謝酵素と消化酵素のバランス」を知る必要があります。食物を消化吸収する為にはたらく消化酵素は、現代の食生活で大幅に消費されてしまいます。それを補うために体は代謝酵素を消化酵素の応援に回します。

 代謝酵素を減らさないためには、「消化酵素の負担を減らす」ことが第一となります。食べ過ぎは最大の消化酵素への負担です。腹7~8分を上限に消化し切れる量を摂取しましょう。また消化しにくいものや添加物など解毒が必要なものも大量に消化酵素を消費します。以下にその例をご紹介しますのでご参照ください。

また、消化を手助けしてくれる食事もあります。お肉を柔らかくしてくるれるブロメラインというタンパク質分解酵素が含まれるパイナップル、炭水化物を分解してくれるアミラーゼやカタラーゼの豊富な山芋、脂肪を分解してくれるアボガドや柑橘類、オールマイティーに働いてくれる大根なども食物自体が消化酵素となって食事の消化吸収に役立ってくれます。また、熱に弱い酵素は、発酵食品や生で摂取する食物(生野菜や・刺身・生肉・生卵など)に豊富に含まれます。

解決!食物酵素で消化を手助け!

 今ある代謝酵素が、若返りの為に存分に活躍できるように消化酵素の手助けをしてあげましょう!生の食べ物がもつ天然の「食物酵素」を毎日上手に摂り入れて、健康と美しさをキープしましょう!
上記表の消化酵素を多く消費することを避け、生の野菜や果物(農薬・化学肥料不使用のもの)、お刺身、添加物不使用の発酵食品などから酵素を摂取しましょう。

スムージーはミキサーの熱で酵素が失活してしまいますので注意が必要です。一般に売られているパックのスムージーや酵素ドリンク・野菜ジュースは加熱殺菌処理がされておりますので必要な栄養素(ビタミン類)は壊れ、酵素も失活していますので注意が必要です。

果物は糖分に注意し旬のものを少量いただく程度が良いでしょう。

毎日大量の野菜を摂取するのが難しければ、効率よくマルチビタミンやミネラルのサプリメントで万遍なく栄養素を補って酵素の働きを活性してあげましょう。少しの改善で、朝起きた時のからだが確実に違うと実感できるはずです。

酵素が代謝を活性してくれると、日々の悩みが嘘のように疲れを感じにくくなり肌のハリや弾力、クリアな思考とともに足取りも軽く前向きな気持ちになり、日々の生活がより豊かなものになるでしょう。

大切なのは、酵素に無関心にならないことです。ぜひ、毎日の中で少しでも酵素を摂り入れるような食生活を意識することから始めましょう。