女性ホルモンと精油

更年期に起こる様々な心身の不調。女性ホルモンと更年期障害、アロマテラピーの働きについてお伝えします。

女性ホルモンと精油

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは、思春期から25歳くらいにかけて急激に分泌量が増え、30歳をめどにピークを迎えます。そして、35歳前後から徐々に卵巣から放出される分泌力が衰え始め、40歳頃から55歳頃にかけて急激に分泌量が低下します。

女性ホルモンの急降下する更年期には、多くの女性が家族の独立や介護、職場での責任ある立場など様々な環境で心身への負担が増しやすい時期です。それらなどのストレスが自身のホルモンバランスの崩れと複雑に交わり心身の健康に更年期特有の不調が現れ始めます。

その不調も、ある程度自分の力でコントロールできているのであれば問題ないのですが、情緒のコントロールがうまくいかず、あまりにもイライラしたり衝動的になり家族や職場でトラブルになったり、焦燥感や簡単なミスの増加、悲しくて涙が出てきたり、あまりに体がだるくて意欲が低下したり、耳鳴りや頭痛、むくみ、毎日続く疲労感や不眠などが起こったりと、日々の生活に支障をきたすようになったら何らかのケアが必要になります。

女性ホルモンバランスの崩れ

思春期を過ぎ妊娠に備えるため30歳頃をめどに女性ホルモンの分泌がピークに達します。更年期前は、月経周期に合わせ脳が女性ホルモンを分泌するように卵巣へ指令を出します。 指令を受けた卵巣がホルモンを分泌し、脳はそれを確認します。

更年期に差し掛かると、徐々に卵巣の機能が低下していき正常にホルモンを分泌できなくなっていきます。脳がいくら指令を出しても卵巣がそれに答えられなくなります。

その結果、脳は何度も指令を出したり指令を強めたりします。ですが一向にホルモンが分泌されたことを確認することができません。脳の指令塔視床下部では他に自律神経の働きもコントロールしています。パニックになった脳は自律神経のコントロールさえも見失ってしまうのです。

更年期に引き起こされる不調

次のような症状が頻繁に起こったり、日夜不調のために健全な日々を送ることが難しくなった時、医療機関で更年期障害と診断される場合があります。

つらい症状にお悩みの方は、迷わずに医療機関を受診されてください。

また、ストレス解消のために運動をしたり、規則正しい生活リズムを心がけたり、よりゆったりとリラックスして過ごすことも大切です。好きな映画を見たり、温泉に浸かったり、マッサージを受けたり、アロマテラピーを生活に取り入れるのも良いリフレッシュになります。

特に脳の深い癒しをもたらすアロマテラピーには、女性ホルモンの分泌をうながす香りがあります。

ローズ精油の効果

長崎大学大学院とAEAJによる香りの吸入による唾液中のホルモン値を測定する共同研究の結果により、ローズ精油とゼラニウム精油の香りには女性ホルモンの濃度を有意に高めることがわかりました。

※参考:AEAJ公式サイトより

古代クレオパトラの時代より女性を魅了し続けるローズの香りには、まさしく女性の美と健康の元がつまっていたのです。

鼻から入った香りはダイレクトに脳へ

嗅覚で香りを感じた瞬間に、香りは既に脳へ届いています。その香りの持つリラックス効果やリフレッシュ効果はダイレクトに脳へ届き、精油の持つはたらきを脳が察知し、瞬時に全身へと指令を出します。

精油は5分で血中に乗り全身を循環します

植物から抽出された芳香成分・精油はとても粒子が細かく、肌につけるとおおよそ5分で血中まで芳香成分が届きます。精油は全身を循環しその成分の働きを体中へと届けます。

ローズの香りで女性の不調を軽減

すでにリラクゼーション効果の高いアロマテラピーを日常に取り入れている女性はたくさんいらっしゃると思います。その中でも、35歳を過ぎた女性にはローズオットー(水蒸気蒸留法)精油をおすすめいたします。ローズの香りには強いストレス軽減効果があります。また、ローズは女性のお肌にも万能です。植物油で適正に希釈したローズ油はお肌を艶めかせ、若返らせてくれるかもしれません。

女性ホルモンの低下によってもたらされる全身の不調や、敏感肌や赤み、ごわつき、奥にこもったボコボコした肌荒れなど年齢を重ねたお肌には、表面からのケアでは対応しきれなくなった本来の原因「女性ホルモン」に焦点をあてて、心身とともに内面からのアプローチが必要になるでしょう。


7月8月限定のローズを使った更年期対応トリートメントはこちら